エステでセルライト除去

「セルライト」という言葉、女性なら一度は耳にしたことがあると思います。
これは、「皮膚の下に、脂肪が小さな多数の塊になってゴロゴロと存在している状態」です。
下半身や太ももが太いと気にしている人なら、太ももの裏、ヒップの下の辺りに多くできています。
自分で気づいていなくても、皮膚を軽くねじってみて、オレンジの皮のようにごつごつしたいびつなでこぼこが出たら、セルライトがある証拠です。
体重に関係なく、体脂肪率が高いとセルライトもできる傾向にあります。
ですので、隠れ肥満と言って、体重は標準体重だけれども、体脂肪率がオーバーしているという方は細くてもセルライト予備軍と思って良いです。

このセルライトの正体は、主に脂肪と、繊維質からなります。
セルライトの出来かたは、まず皮下脂肪がたまります。
その後、その皮下脂肪が使われず、分解もされずその部位にとどまります。
すると、その脂肪のまわりを繊維質が覆って行きます。
繊維質は、脂肪よりも少し硬めの流動性のない物質です。
脂肪の周囲に繊維質がからまり、固着した状態がセルライトです。

体脂肪が増えやすいのは、乳幼児の頃に太っていた人、中高生で太っていた人と言われています。
成人して痩せた後も、脂肪の細胞の数は変わらないので、食べ過ぎて残った脂肪は皮下脂肪として蓄積されます。
そして、脂肪が上手に分解されないと、セルライトが徐々に悪化して行くのです。
女性ホルモンの影響も多いと言われていますが、30代以降は特に、セルライトがとれにくくなっていきます。
その前に対策が必要です。
こうしたセルライトの除去を、エステサロンで叶えることが可能です。